スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/1 リフォーム1回目打ち合わせ

リフォームをお願いするに当たって、不動産屋さんの紹介するリフォーム会社2社に見積もりをお願いしました。
条件を伝えて、どこまでできるか提案してもらいます。

リフォームのポイント
キッチン
 ・食洗器は外置き(壊れたときの取替えが面倒くさいので、ビルトインタイプは×)
 ・分別のゴミ箱をおけるスペースを確保してください。(たくさん分別しないといけないので、たくさんゴミ箱をおかないといけませんが、外に置くのはごちゃごちゃして)
 ・できるだけ収納は多め、外から見えないようにしてください。
  (収納の中はごちゃごちゃでも扉を閉めてしまえばOK)
 ・コンセントを増やしてください。
 ・作業スペースは広めにしてください。
 ・ツリ戸棚に、水切り棚を追加してください。
  (今つり戸棚の下に水切りスペースがあって、ざるとかふきんとかを置いておくのに重宝しています。今後もほしいなぁ)
 ・掃除のしやすい素材、汚れの落ちやすい素材を極力使用してください。
  (お掃除嫌い・・・・)
 ・IH(ガスは掃除が面倒です)
 ・Ⅰ型タイプ(コンロが壁に向いていてほしいです。リビングに油が流れるのは嫌だー。リフォーム前は、リビングにむいています。ファンの配管を移せるでしょうか?)
  

洗面所
 ・収納を確保したい(お洋服を脱いだら、洗濯へ。お風呂から上がったらお洋服をきて寝室へ。部屋から着替えをもってお風呂に行くなんて面倒ですなので、洗面所にはタオルや下着をおきたいです)
 ・洗濯機+乾燥機、ドラム式どちらも対応できるように(乾燥機がほしかったのですが、ドラムにするか乾燥機を別にするか迷ってます)
 ・乾燥しやすいこと(窓がないので、乾燥しやすい素材がいいなぁ)
 ・体重計の収納(体重計はお風呂に置くけど、いつもおく場所に困っているのです)
 ・バスタオルかけが必要

風呂
 ・追い炊き(結構ながくお風呂にいるので、どんどんさめてきちゃうのです)
 ・TV(あるといいなぁ・・・予算しだい)
 ・乾燥しやすい(お風呂のカビ掃除なんてありえません。お風呂の壁を毎日拭くのも面倒です)

リビング
 ・和室を作りましょう(リビングと和室の境は収納できる扉がいいです)
 ・収納畳がいいです。

まず1社目A社
ぷあらの説明を聞いています。
一通り説明を聞いた後、あちこちサイズを測っています。

次に2社目B社
自社の施工事例のパンフレットやカタログを持参くださいます。
ぷあらの説明に対し、壁の位置をうごかしてはどうですか?など、色々提案してくれます。
また、ぷあらが気がつかなかった敷居や窓枠なども、汚れてますが大丈夫ですか?等の提案がありました。
その後、マンションの管理規約を見て、日を改めて工事の人と測定に来るそうです。

さて見積もり金額はいくらになるのでしょうか??

見積もりが出てきました
予算の倍です!!!
詳しい見積もりを見比べますと、両者ほぼ同じ金額ですが、B社のほうが含まれている内容が多いため、B社とお話を進めることにします。
同時に、添付の図面をもとに、HomeProで業者をいくつか探し、見積もりをお願いすることにしました。
さて、どこを削るべきなのか。。。(結局、予算はほぼ削減されないままに終わりました)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。