スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災地の方にはお見舞い申し上げます

自動UPの設定にしていたので、震災後、若干のんきな記事があがってしまい、

大変失礼いたしました。被災地の方、心からお見舞いいたします。

地震後、会社から3時間ほどかけて歩いて自宅に戻りました。車は結構流れており、大渋滞というほどでは有りませんが、タクシーはほとんど拾えませんでした。

帰宅した我が家では、和室の押入れの鏡が倒れ、襖に傷が追加程度で大きな被害はありませんでした。

この震災の教訓として、思ったのが以下。

1.携帯が使えない場合の緊急連絡「171」を家族で徹底しておくこと

2.ATMが使えない可能性を見越して現金をある程度持っておくこと

大人なので、生きていれば家に帰る努力も含めて、自分の身は何とかしなければなりませんが、身近な人の無事が確認できないのが一番不安ですので。

そして、今思うのは首都圏のスーパーで米やおにぎり、カップ麺の買占めが起きているのはなぜ?

計画停電の影響?余震の恐怖?震災への備え?

それにしては、電池などは売り切れてません。

米は電気やガスがないと食べれないでしょ?おにぎりはそんなに日持ちしないでしょ?災害時にはあまり役にたたないような気がします。

余震も続くし、震災への最低限の備えは必要です。でも、今は、震災への完璧な備えをするのではなくそれ以上の買うためは控えた方がよいのでは?と思います。だって、日常生活に支障をきたしますからね

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。