FC2ブログ

1/17 第3回打ち合わせ

この日正式にKさんに発注することを決めました。
Kさんとパナソニックのショールームで待ち合わせます。
キッチンの仕様書をもとに1つ1つ確認していきます。
パナソニックでは、商品の切り替えが行われているようで、時期的に新タイプと旧タイプの商品の両方を選択できるとのこと。選択肢が増えるのはうれしいですね。

キッチンのサイズ
255にするか277にするか実物を見て検討します。調理スペースは広いほうが良いですが、どちらも変わらず。シンクの左横にスペースがあるかどうかの違いということがわかりました。予算削減をめざすぷん家では、255とし、シンク左脇は食洗機スペース+ゴミ箱とすることにしました(食洗台は造作です)。
実際使ってみたところ、野菜の水きり等でざる等を仮置きしたりすると若干狭く感じるので、調理スペースはもうちょっとあっても良かったかなと思います。

水切棚を120センチにするか90センチにするか
ぷあらはざるやまな板、いつも使うなべは水切り棚におきっぱなしにしています(拭いてもなんとなくしめってる感がして、密閉空間にしまうのが抵抗があり、乾くのを待っているうちに、次の出番がやってくる。。。。。。あせ)。なので、水切棚は広い方がいいです。
でも、あまり広すぎると照明がつかなかったり、食洗機があかなくなったりします。
また、あまり水切り棚が低い位置にあるのはうっとおしいので、できるだけ上に上げてほしいのですが、しかし、IHと換気扇の間は80センチ前後を越えると煙が拡散してしまうのだとか。また、水切棚を高くすると吊り戸も高くなってしまい、手が届かなくなるかもしれません。
というわけで、理想の巾と高さを決めるべくKさんとショールーム担当者との間で議論スタート。

Photo_3

その間にぷあらはキッチンの高さを考えます。
実はこれまで、Kさんにはキッチンの高さは標準の85センチと伝えていました。ショールムで試したところ、問題なかったためです。しかし、ショールームではヒールのある靴を履いています。靴のない状態だともっと低いほうがよいのでは?
皆様、キッチンの高さを考える場合には、ご注意くださいませ。
なんとパナソニックには自動昇降するキッチン模型があります。靴を脱いで、高さを変えてみます。82~83センチがいいんですけど。。。。
が、そんな中途半端な高さはないということでしたので、80センチにしたいといってみたところ、IHと換気扇の間がさらに広がってしまうことになり混迷が深まります。
うーむ。引き出しの容積も小さくなるし、なら、85センチでいいや。ということで、85センチで決定し、換気扇と天井の隙間の埋め方水切り位置、照明位置も決定しました。
照明は縦長のものがつきます。
今思えば、80センチのものにして、2センチ上げて設置してもらえばよかったのかもと思ったりもします。。。あせると良くないですね。
奥行きのないのがよかったのですが、パナソニックでは取り扱いがなく、断念。
水切りは90センチとなりました。できるだけ高めの位置にとお願いしましたが、それは難しいらしく、気をつけないと頭をぶつけそうになります。

収納について
あまり深いのはたくさんはいらないので(調理器具より食器が多いぷん家です。食器を重ねていれると取り出しにくいので、浅めのがたくさん欲しい)、調理台下を4段にしたいと伝えたはずだったのですが、高さを変更したりしているうちに、3段に戻ってたようです。設置されてみて、あれれ?となってしまいました。
引出はぷんのこだわりで、ソフトクローザー付。ぷあらは閉めた気がしなくてちょっとイラットすることも。
オプションとして、引き出しガードをつけてもらいます。引き出しの枠が棒しか入っておらず、中のものがゆらゆら倒れると引き出しの脇に挟まるため、ガードをいれてい引き出しからはみ出しにくくしてもらいます。これは正解でした。

Photo_4


こげ茶色がよいのですが。。。。。これは見積もりよりお値段UPということで断念。
案1 シンク側をワインレットで&リビング側をベージュか白で統一する。
案2 引出のみワインレットとし、吊り戸をベージュで統一する。
案3 すべてをベージュまたはワインレットで統一する。

持参した床のCFのサンプルを扉の見本の近くにおいてみて、薄い色だとぼけそうだということから、シンク収納の色をワインレッドに決めました。キッチンには両側に吊り戸がつきますが、後日購入予定のレンジ台等の収納家具が薄い色だと、上の方に濃い色がくると圧迫感がありますよという意見もあり。ちなみに台所収納は、同じ色系でも、微妙な色の違いがあり、微妙に違うくらいならまったく違う色がいいと思っていました。で、台所家具は一番選択肢が多い白にする予定でしたので、白以外の色からの選択となります。
色々考えた末、案2を採用することにしました。

換気扇
お掃除が楽なものということで、ここはグレードアップ。

カウンタートップ
ここが一番悩みました。人大かステンレスか。
ステンレスの場合、傷も気になるし、ステンレスの目地に入った汚れを掃除するのもの面倒なもの。でも、人大は、すぐ拭かないとしみになるかもしれな不安が。
シンクはステンレス、カウンターは人大なので、シンクとカウンターの間に隙間ができるとのこと。それはお掃除が面倒です。一体型ステンレスで行きましょう。
シンクは広めのもので。水切り等のオプションはなしにしました。

IH
事前にTEPCOに行き、IHについて説明を聞いてきました。ここはいろんな会社のIHが試せますし、職員の方が比較的客観的な立場で各メーカーのIHの違い等を説明してくれまので、おすすめです。3口あってもすべてを同時に最大火力で使えないこと(ブレーカーが落ちないように)、オールメタル、ラジエント、グリルの仕組み、鍋の見分け方等色々教えてもらいました。

オールメタルにするか
オールメタルとの差額は約10万円。ぷん家のなべは5つ。これらを買い換えてもおつりが来ます(結局使えない鍋はパスタ鍋だけでした。)ので、普通のタイプで。
スイッチが入っているときには、それがわかるものが良かったので、パナソニックのリングは◎です。スイッチの押しやすさはちょっと微妙ですが。。。
サイズ
調理スペースを広く取りたかったので、巾は75センチでなく60センチにしました。(これは奥を鍋の仮置きスペースにもできるので正解でした)
3口IHかIH+ラジエントか
これはどっちでもよいなぁ。それぞれメリットあるし。。。。安いのはラジエントです。
でも、ラジエントは使った後熱くなること、焦げがつきやすいことがデメリットです。
お掃除が簡単なほうということで、3口IHにすることにしました。(IHも使用直後は熱くなるので、結局一緒だったかも)

水洗
水洗にはこだわりのないぷん。水はねしにくければなんでもよかったです。
Kさん曰く、ここまで色々こだわっていて、水洗はこだわらないのも不思議ですと。
食洗器担当のぷんいわく、お湯で洗うために、給水を分けたいということで、食洗器用と通常の水洗を分けてもらうことにし、見積もりより下げた水洗としました。

パナソニックで確認することはこれで終了です。ちょうど5時になったので、場所を変えて、近くの喫茶店へ。家の細かい仕様を打ち合わせます。この周辺は閉店が早いため、喫茶店をはしごし、ついには最寄駅に移動しての打ち合わせとなりました。

にほんブログ村 住まいブログ リフォームへ
にほんブログ村

12/30 第2回目打ち合わせ

12/30 第2回目打ち合わせ
暮れも押し迫ったこの日、打ち合わせ2度目。

ぷんはいないので、Kさんとぷあらで打ち合わせ。
この日の打ち合わせタイムは5時間でした。ながーい。

この日は大まかな設備仕様と他に決めなければならないものは何かを確認します。

トイレ
今ついているトイレは水色です。
汚くはないので、そのままでもいいかなぁ。。。でも、水色のトイレ。。。。水色の紙巻器。。。。と悩んだ末、取り替えることにしました。タンクレスはマンションの水圧の関係でできないそうです。施主支給も考えましたが、あまりお値段がかわらなそうです。
お掃除が簡単なこと、色は白ということで、Kさん提案のINAXで決まりです。

タオルハンガーと紙巻器は施主支給にする予定です。
トイレの棚はそのままにするか、扉だけをはずすか検討中です。これも引渡し後、実物を確認して決定します。

折戸
前回の打ち合わせの際、ぺらぺらの板で作るといわれました。こんな安っぽいのはイヤー。30万円の予算なら、もっと違うのがいい~。と主張したので、板見本が出てきました。板、タイル風は却下して、唯一許容できた皮模様風に暫定的に決定。

和室の板の間
縁甲板にするということだったのですが、色がベージュしかないということだったので、フローリングを張ってもらうことにしました。微妙に違う色がたくさんあるのは、まとまりがないですものね。

擬似床の間
折戸収納スペースと納戸の間に壁をつけて床の間風にすることにしていました。
ぷんは下がり壁にして、床板に一枚板を使いたいといっていたので、板のサイズを確認しました。30センチ×50センチになります。フローリングや縁甲板ですと、隙間ができるということで、素材については、要検討となりました。

帰宅後ぷんに報告すると
巾50センチだと掛け軸がかからないよ~!!
じゃあ間の壁はなしにしないと。下がり壁もなしですね。床の一枚板も扉の収納で傷がつくといやなので、シナベニアのままとして、必要なときに板を敷くことにしました。

洗面所
タオルや下着類等の収納スペースをとりたいなぁとおもっていたので、お風呂を狭くした分洗面所を広く取ることにしました。サイズもショールームで確認し、問題ない感じ。お風呂のとは開き戸ではなく折り戸にしてもらいます。
洗面台は丸いものより、すっきりしたラインがいいなぁ。という希望しかなかったので、Kさん提案のINAXのLCにする方向で。色は明るいベージュとしました。
トールキャビネットと吊り戸をつけてもらいます。キャビネットを洗面所の右にするか左にするかは後日決定。
けこみ収納もつけるはずだったのですが、Kさんが見積もりを忘れていたようで、つかないことになりました。。。。。

http://www.inax.co.jp/products/powderroom/package/lc/

キッチンについて
お片づけが苦手なので、オープンタイプはなし。
今、ダイニングキッチンなのですが、以外と油がとびちってるんですよね。
壁に向かって料理をしてますが、反対側のダイニングの壁とか、テーブルの上のものが、結構、油でべたついていたり・・・。ということで、油が極力リビングにとばないように、リビングを向いていたコンロを壁側に向けることにしました。
で、シンクはリビング側におきたいなと思っていました。食べた食器をそのままシンクに入れたり、食洗機に入れられたら便利ですものね。ということで、2型タイプのキッチンにする予定で見積もりをもらっていました。

が、まてよ。
料理は結構、鍋やフライパンに何かをほうりこみつつ、野菜を洗ったり、切ったりするので、シンクの後ろにコンロがあると、火加減に目が届きにくい・・・焦がしちゃうかも。。。。
ということで、シンクとコンロが並んでいる一般的なタイプにしました。
(ここでも予算削減です)
さて、皆様、シンクとコンロどちらが右でどちらが左ですか?
ショールームにあるのは、シンクが右、コンロが左(右勝手)にあるものが多いと思いませんか?
しかし、リビングの逆サイドにコンロを置くと、シンクを左、コンロを右(左勝手)にすることになります。さて、使い心地はどうなんだろう・・・?

幸いに、左勝手のキッチンで料理をする機会があり、なかなか使いやすいことがわかりました。左手でまな板を持って、右手でフライパンに材料を落としこめるので、意外に楽なんですよね。
というわけで、壁側にシンクとコンロをおき、反対側に冷蔵庫と食器棚を置くことになりました。

最初にKさんに提案されたのは、ミカドです。価格的にお安いのだそうです。
そこで、ミカドのショールームで実物を確認したところこの包丁入れが使いにくい!!うまく閉められないのです。

http://www.micado-kitchen.com/user/kitchen/esmio/storage/index.html

民事再生となったこともあり、メンテナンスに不安も残ります。
ということで、却下となりました。

水切り棚(自動昇降式ではない)と、調味料入れ、包丁入れが引き出し内についているものを条件として、Kさんが提案してきたのが、パナソニック。一番、選択肢が広いとか。
ということで、Kさんとパナソニックのショールームへ行き、その場で詳細をつめることになりました。2月中に引き渡しというスケジュールを考えると、そこで最終決定しなければなりません。

後になって、皆さんのブログ等を読み、YAMAHAやサンウェーブも検討すればよかったなぁーとちょっぴり残念に思っています

フローリング
新築マンションのモデルルームって色の組み合わせが色々みれて、イメージがわきますよね。新築マンションを色々見ていたころ、白い床、こげ茶の家具の組み合わせが素敵だなと思っていたので、床の色は白でいこうと決めてました。
フローリングについては、東洋プライウッドのシストSと見積もりに記載してあったので、早速、見に行きました(OAZOに近くのショールームの地図があり、それを見ていてショールームが近いのを見つけたので)
そこでは、1色につき2畳位フローリングが敷き詰めてあり、いろんな色の扉をおいてみたり、家具がおいてあるスペースがあったり。
希望の白にも色々種類があります。防音フローリングの制限がないマンションということで、フローリングの選択肢は広め。メンテナンスを考えると無垢にこだわりはなく。。。。
安く収めるというということのあって、トレドのホワイトに決定。
実際に敷いてあるものをみると、イメージがわきますね。

お風呂
乾燥しやすい床という以外希望のなかったぷん家です。
Kさん提案のINAXのリノビオで決定。サイズもひとまわり小さくすることにしました。
予算削減です。
ショールームに色と実物を見に行きました。
INAXには、お風呂と壁と床を組み合わせて試せる小さい模型があります。いろいろ組み合わせを試した結果、西には黄色という風水のアイデアと窓がないので、明るくしたいという希望から、薄い浴槽は白とし、ベージュ系でまとめることにしました。
アクセントカラーで黄色やオレンジを取り入れたいと思っています。
棚、水洗、鏡については、標準で行く予定ですが、再度好みを確認しておくことになりました。当初の見積もりでは壁掛けテレビを入れていましたが、携帯のワンセグが入ることがわかったので、予算削減のため、なしにすることにしました。しくしく。

http://www.inax.co.jp/products/bathroom/systembath/renobio/plan/

扉と扉の枠、巾木
扉を白にすると、ぼけるのでは?ということで、扉は茶色にすることにしました。
デザインにこだわりはないので、極力シンプル&安価だけど安っぽくないもので選んできてもらいます。リビングだけはちょっとガラス入りとします。
扉の枠を白にするか茶色にするか、そして、巾木を白にして壁となじませるか、茶色にして引き締め色とするか。扉の枠や窓枠と巾木のつながりをどうとらえるかを考えます。

壁を動かす箇所、和室の引き出しの色、畳のふち、コンセントの位置、壁紙、CFの色はぷあらの宿題。
おおよそのスケジュールを打ち合わせて終了。

にほんブログ村 住まいブログ リフォームへ
にほんブログ村

12/26ショールームめぐり 設備編

TOTO、INAX、パナソニック、ミカド、東洋プライウットのショールームをめぐります。
Kさんから頂いた見積もりに沿って設備仕様を確認します。

キッチン
カウンター部分はリビングからも出し入れしたいと思っています。
シンクとコンロは横並びがいいのか、背中合わせがいいのか、調味料類をどこにおくと使いやすいのか、水きりラックの扉の開けやすさ、包丁入れの収納箇所、色等を確認します。

お風呂
サイズを小さくしても狭く感じないか、浴室・浴槽の広さを確認します。
また、シャワーや水洗、棚などの雰囲気をチェックします。

洗面所
洗面台のサイズを確認します。~120までのサイズから選択可能ですので、どのサイズが良いか確認します。
また、デザインが好みかどうかも確認します。

トイレ
こだわりがないので、さらっとながしてます。

Kさんに色々きかれて、決断する前にどうしても実物を確かめたい。ということで、その後、毎週末毎といっていいほど何度もショールームへ行くことになります。

サイトでは、ショール-ムでの見積もりをもとに、価格を出してくるので、施主支給を考えておられる方は、早めに見積もりをとっておくことをお勧めします。

私たちは仕様がぎりぎりまで決まらなかったので、ネットの施主支給サイトでの見積もりができず、大物はKさんにすべてお願いすることになりましたが、施主支給を利用したらもうちょっと安くできたかなと思っています。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村